【鹿児島】鹿児島市内で1泊2日の歴史たび♪

【鹿児島】鹿児島市内で1泊2日の歴史たび♪

一昨年の冬、大河ドラマに触発されて鹿児島を訪れました!
1泊2日の弾丸旅行でした(^^♪
(投稿日:2020/7/1)

*旅程*2018/01/20~01/21
1日目 高松駅(06:08)― 鹿児島中央駅(10:33)維新ふるさと館、桜島
2日目 城山 鹿児島中央駅(14:05) - 高松駅(18:41)

1日目

鹿児島中央駅に到着後、まず維新ふるさと館を訪れました!
バスや市電でもアクセスできますが、鹿児島中央駅から1km程度なので散歩がてら歩いても良いと思います(^^)
維新ふるさと館
こちらは明治維新や幕末の薩摩を支えた偉人たちの展示をみることができ、当時の歴史を学ぶことが出来ます。館内は広く、展示物も多いのでとても見ごたえがありました。特に1日に何度か上映される人形劇は臨場感があり大変面白かったです♪
維新ふるさと館
日本で初めて洋式軍艦を造ったのも薩摩藩だそうです!
私自身すごく勉強になったので、歴史が好きな方にはもちろんお子様の歴史学習などにもピッタリなところだと思いました(*^^)v

薩摩隼人の志に感銘を受けた後は、鹿児島のシンボル桜島へ!
鹿児島市内と桜島はほとんど目と鼻の先くらいの距離で、市内からも桜島の立派な火山を臨むことができます。
鹿児島港からフェリーに乗り約20分~30分で到着です(^^)/
まずは桜島港から徒歩10分のところにある桜島ビジターセンターへ向かいます。
桜島ビジターセンター
ここでは展示物や映像を通して桜島の歴史や迫力のある噴火の様子をみることができます。最初にここを見てから島内を回ると、普通に見るのとは違う視点から桜島を楽しむことができるのでぜひ訪れてみてください♪
そのあとはバスに乗って火山に近い展望台に訪れました。
桜島
眼前には桜島の荒々しい山肌、遠くには先ほどまで滞在していた鹿児島市内の街並みの広がり・・・。
360度どこをみても絶景でした(*´ω`*)また、私が行った時にはちょうど小さい噴火があり、四国では見られない光景にとても驚き感動しました・・・!!

鹿児島市内に戻り、夜ご飯はかごっまふるさと屋台村で頂きました。
かごっまふるさと屋台村
鹿児島中央駅から徒歩5分のところにある、観光客に人気の屋台村です。通路が狭く所狭しとお店が並んでいるので、最初は少し足を踏み入れるのに勇気がいるかもしれませんが、地元の方々とも触れ合える人情味あふれるスポットでとてもおすすめです♪その土地特有の雰囲気や情緒を味わえるも旅行の醍醐味だと思いました(^^)

この日は鹿児島中央駅の近くのビジネスホテルで宿泊。近くに家族風呂に入れる温泉があったのでそこで1日の疲れを癒しました!鹿児島は火山が近いためか日帰り温泉ができるところがたくさんあります。さらに少し足をのばすと霧島温泉や指宿温泉もあるので温泉めぐりで訪れるのもお勧めですよ☆
リフレッシュしたら明日に備えて早めに就寝です。

2日目

今回は1泊2日なのであっという間に最終日。
お天気が良かったので早朝から城山を訪れました♪
城山
城山の展望台からは写真のように桜島の最もよく知られた姿が見られます。とても爽やかで気持ちのいい空間でした(*^-^*)
遊歩道もあるので市民の皆さんからも憩いの場としても親しまれているようです。また、城山は西郷隆盛終焉の地としても知られているため、周辺には西郷隆盛の銅像や慰霊碑など歴史を感じられるところがたくさんあります。
西郷さん銅像
鹿児島市街を一望しながら西郷さんの最期に想いを馳せるひと時を過ごしました。

城山を後にして、鹿児島中央駅直結のアミュプラザ内で昼食をとりました。お昼を頂いたのは「茶屋 吹上庵」さん。こちらは鹿児島を中心に九州で展開するそば処です。地元民に人気のお蕎麦屋さんで、行列ができるほど人気のお店です。混みあうときは1時間以上待つこともあるので、列車には余裕をもって行くことをおすすめします・・・!
私は鹿児島名産黒豚のだしにつけて食べる「黒豚つけそば」を頼みました。
吹上庵そば
量も多く食べ応え抜群でとっても満足です☆鹿児島に行った際はおすすめのお店です。
おなか一杯になった後はお土産屋さんを見て回り、荷物を抱えて新幹線に乗り込んで今回の旅は終了です。

まとめ

鹿児島を旅行して思ったことは、とにかくごはんがおいしかったということです!ご当地グルメがたくさんあって、県民に永く愛されるものからB級グルメまで幅広く楽しむことができます!(^^)!さらに焼酎王国でもあるのでお酒好きの方にもおすすめですよ!
今回は1泊2日だったので時間が足りず、仙厳園などの有名な観光地を全てまわれなかったのが残念でした(><)また、鹿児島市だけでなく知覧や指宿などひと足のばせば魅力的なスポットがたくさんあるので、ぜひもう一度訪れて、ゆっくり見て回りたいです。