【和歌山】絶景旅館で過ごすゆとりの大人旅

【和歌山】絶景旅館で過ごすゆとりの大人旅

今回の旅行記は、1泊2日のゆったり旅館ステイです♪
和歌山県の勝浦町にある熊野別邸 中の島さんで宿泊しました(*^-^*)
(投稿日:2020/7/29)

*旅程*
1日目高松(09:00) - 勝浦(02:00) 熊野別邸中の島 宿泊
2日目熊野那智大社・青岸渡寺参詣 勝浦(15:00) - 高松(21:00)

1日目

今回の旅行では特に観光の予定はなく、ホテルでのんびり過ごすことが一番の目的だったのでゆっくり自宅を出発しました。
高松を出発して約6時間ひたすらドライブです!
南紀田辺インターを下りてしばらく海沿いの道を走り、串本に近づくと、海の向こうに大小たくさんの不思議な形をした岩が見えて来ました。
橋杭岩
橋杭岩は約850mに渡り、大小40余りの奇岩が並ぶ観光名所です!国の名勝・天然記念物に指定され、日本の朝日百選にも認定されているそうです。
おだやかな瀬戸内海ではあまり見たことのない海の浸食によりできた風景で、太平洋の荒々しさ、自然の力を感じました!!

橋杭岩からさらに約40分車を走らせ、勝浦港に到着しました。
実は今回宿泊する旅館は、紀の松島に浮かぶ「一島一旅館」というとても珍しいロケーションにあり、勝浦港から専用船でのみアクセスすることが出来るんです!ひとつの島が丸ごと旅館とは、ものすごい特別感ですよね・・・!
わくわくしながら専用の待合室で船が到着するのを待ちます。ドリンクサービスのコーヒーを飲みながら待っている間、係りの方が色々なお話をして下さり、お宿に対する期待がかなり高まりました♪
一番のおすすめは温泉のお湯だそうで、勝浦温泉にはいくつかのお宿がありますが、熊野別邸中の島はお宿独自でお湯をひいているようで泉質が良く、お風呂掃除の勤務の日がかなり楽しみとのことでした(*^^*)

港からは送迎船に乗って約5分で到着します。
船の中も工夫がされており、船長の帽子をかぶって写真を撮ったり、那智の黒飴のサービスがあったりなど、ほんの5分ですが楽しむことができました☆

お部屋は2019年4月にできたばかりの新館「凪の抄」。こちらは全室客室露天風呂付きの客室で、和モダンをモチーフにした大人な雰囲気がとても素敵でした!バルコニーからは海を眺めることができ、リゾート気分を味わうことが出来ます(^^♪
広々としたお部屋でごろごろしたい気持ちをこらえ、まずは明るいうちに絶景露天風呂「紀州潮聞之湯」に行くことにしました!
熊野別邸中の島 露天風呂この露天風呂こそが、今回このお宿を選んだ一番の目的でした。眼前に広がる太平洋の絶景!!海と温泉がつながっているように見え、開放感たっぷりです(´ω`)お湯加減も丁度よくとてもリラックスできました。美肌効果も高いようで、今まで入った温泉で一番しっとりしたような気がします♡さらに波の音や潮の香りも感じられ、五感全部で温泉を楽しめる最高のロケーションです!
外から丸見えですが、湯浴み着が用意されているので安心です。
また、大浴場にはシャンプーバーがあり、たくさん種類がある中から好きなシャンプーを選ぶことが出来る点も、女性に嬉しい良いアイデアだなと思いました(^^)なかでもホテルオリジナルの香りがとてもよくておすすめです。売店で買うこともできます!

お食事は夕食・朝食ともに地元の食材がたくさん使われており、大変おいしく頂くことができました(*^^*)
特に海鮮がおいしかったです。また、和歌山ならではの梅の食べ比べや、梅ビールは絶品でした!
宿泊者専用のラウンジでは好きな音楽をかけて梅酒の飲み比べをすることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

2日目

翌朝は中の島を散策しました。
中の島 足湯
散歩道の途中には足湯と見晴らし台があり、源泉かけ流しの足湯でほっこりしながら太平洋の眺望を楽しめます。寒い朝でしたが、足湯につかって身体の芯から温まることができました(#^^#)
一島一旅館ならではののんびりした雰囲気のなかで太平洋の潮騒に耳を傾けていると、日頃の疲れがスーッと癒されていくのを感じました。心身ともにリフレッシュできる素敵なひと時でした♪

チェックアウト後は車で約30分、熊野那智大社、那智山青岸渡寺、那智の大滝を訪れました。
熊野本宮大社、熊野速玉大社とともに熊野三山と呼ばれ、紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産にも登録されています!これら三山に対する信仰-熊野信仰は、滝や川、巨岩などに神が宿るとされる自然崇拝を起源としており、古の時代より多くの方がお参りされている霊験あらたかな社寺として知られているそうです(*^^*)
青岸渡寺 那智の滝
写真は青岸渡寺の三重塔です!那智の大滝をバックにした三重塔は朱色が映えてとても美しく、人気のフォトスポットとなっています♢この日はあいにくの空模様でしたが、霧に煙る熊野も晴天とはまた違った雰囲気があって素敵ですね・・・!!まさに幽玄たる日本の美という感じです(*´ω`)

たくさん歩いた後は、絶妙な甘さ加減の黒飴ソフトを食べて疲れを取り、勝浦漁港にぎわい市場でマグロ丼とマグロの握りを頂きました。
勝浦漁港にぎわい市場
勝浦漁港にぎわい市場 マグロ丼
本場の生マグロは新鮮で身が引き締まっており、とても美味しかったです(^^)/
お腹が満たされ、途中みなべで梅干しのお土産を購入した後は、来た道をひたすら運転し、帰路に着きました。

癒しの旅館と美味しい海鮮、そして見ごたえある寺社仏閣!たっぷり英気を養って、明日からまた頑張ろうと思える旅行になりました(^^)/
和歌山の魅力がぎっしり詰まった2日間でした♪